戻る

大阪府被災者支援金に100万円を寄付
平成23年10月1日

 大阪府では、東日本大震災の影響を受け、修学旅行が中止になった岩手県、宮城県、福島県の中学校・高等学校に対して、大阪府に宿泊する修学旅行を実施する場合に、その費用を支援することになり、3県の22校、2,506人を支援する事になった。
 阪神淡路大震災から復興した兵庫県や活気ある大阪府の街並みを見てもらい、再興への希望を中学生・高校生に持ってもらうのが主な趣旨である。
 組合では当初、日本赤十字社に義援金を寄付する予定でしたが、同支援金の趣旨に賛同、9月度の理事会において内容を検討し、理事会の承認の元、同支援金に寄付をする事と決定致しました。9月14日に大阪府の窓口である大阪府危機管理室を訪れた姫野理事長と永田総務委員長が吉村庄平室長に目録を贈呈しました。

目録を吉村庄平室長に贈呈

姫野理事長・吉村室長・永田総務委員長
被災学校への修学旅行支援 第1陣きょう来阪
2011年9月1日
大阪日日新聞より
 大阪府は31日、東日本大震災で府内に避難した被災者を支援するため府民に募った寄付金の基金を活用し、被災地の中学・高校の修学旅行を支援する対象の22校を決定したと発表した。津波被害に遭った福島県いわき市の植田東中学校が早速1日に旅行先となる大阪市のユニバーサル・スタジオ・ジャパンを訪れる。
 橋下徹知事が7日に視察した岩手県陸前高田市の第一中学校も9月26〜28日に修学旅行し、大阪府庁を訪問するほか、阪神淡路大震災から復興した神戸市を訪れる。

戻る

▲ このページのTOPへ