HOME > 理事長の挨拶 > 年頭所感
年頭所感

理事長 姫野 康通

 新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
 昨年、5月16日の総会におきまして理事長職を拝命し、早や7ヶ月が過ぎました。この間、多くの事業を無事に熟すことができましたは、組合員各位、皆様のご協力、ご鞭撻のおかげでございます。本当にありがとうございました。厚くお礼を申し上げます。
 また、今後もまだ多くの事業が控えております。組合活動の活性化のためにも、できるだけ多くの組合員の方々のご参加をお願い申し上げます。さて、昨年は、国内においても、世界においても、激動の時代でありました。年初より夏ごろまでにかけては原油、資源がどこまで高騰するのか心配でありましたが、年末には下がり、何んと190円近くまで値上がりしたガソリンが100円を切る値下がりを、また、その他資源や原材料も軒並み急下落をし、蓋を開ければ、1年間で30社を超える上場企業が倒産をするといった、戦後初めての記録ができてしまいました。そして世界においては、米国サブプライム問題を発端とする世界同時金融危機の影響により(日本も一緒ですが)、各国経済が大不況に陥り、世界の建設用クレーンの3割が集まって800m級のビルを建てるなど建設ラッシュの石油産出国のドバイでさえ大きな負債を抱え、「砂上の楼閣」と言われるまでになってしまいました。これが昨年までで収まっていれば、話は早いのですが、今年度が大不況の第2ステージになるとこは、皆さんがお察しの通り、火を見るよりも明らかであると思われます。当然ながら、われわれの業界も例外ではありませんが、このような時ほど、業界団体が一つとなり、また、経営者は懸命に勉強をし、しっかりとした目標を示して、より良き方向へ導く努力をすべきではないかと考えます。当組合の今年度の大きな事業の一つに、アメリカレンタル業協会主催の展示会(アトランタで)見学および業界視察交流会があります。レンタルの発祥地で世界の新型機械を学び、なぜ価格競争が無いのかを自分の目で見、耳で聞き、勉強をしてみませんか?また、これ以外にも当組合では経営者研修会、技術講習会、実務者交流会など、会社経営、事業所経営のお役に立つ企画を計画しております。
 是非組合員の皆様におかれましては、積極的なご参加をいただき、盤石経営を目指すべく頑張っていただきたいと思います。一つ一つの企業が健全な姿となれば、必ずや業界は安定いたします。組合員各企業の益々のご健勝とご多幸を祈念申し上げ、新年のごあいさつとさせていただきます。

▲ このページのTOPへ