戻る

ARA アメリカレンタル協会の
「THE RENTAL SHOW」 視察報告書
2010年2月3日〜10日
サンワ・リノテック(株) 佐川 博敏

 昨年のARA アトランタ大会に引き続き参加しました。
 今年の開催地はフロリダ州オーランド(米国ではオランドと発音)。ラスベガスでのWOC(ワールド・オブ・コンクリート)を視察し終えてから連続の機械展示会のはしごとなった。
 オーランドはその大規模なアミューズメントが有名です。ディズニーランド、ユニバーサルスダジオ、ケネディ宇宙センターなどがあり多くの家族連れが同じ飛行機から降り立った。移動手段は車しかなく、早速予約していたレンタカーで行動した。ホテルはコンドミニアムタイプで広くて清潔で快適だった。翌日は1日オフだったので、午前は湿原地帯を水上バスで遊覧した。あちこちでアリゲーターの姿やアメリカのシンボルである白頭鷲の雄飛を見る幸運にも恵まれた。また、幽玄な雰囲気の立ち枯れ林などに感激。そして午後からはケネディ宇宙センターを見学。アポロロケットや発射体験など非常に興味深かった。アメリカの国威発揚とプライドを感じました。また沢山の見学している子供たちにとっては大きな体験だろうと思った。
 翌日はいよいよ全米2位の大規模な面積を有するオレンジコンベンションセンターでのARA展示会に参加。今年からワンフロアーですべて展示することを決めたとのこと。
 昨年の参加は大阪建設機械リース協同組合の公式行事でしたが、今年は有志だけの参加行事でしたので参加者は私を含めて8人。初日(2月8日月曜日)のオープニングは総会があり、展示会場は10時半の開場であった。総会会場は満席で、レンタルの殿堂(RENTAL HALL OF FAME)入りの2人の表彰発表や特別講演をしていたようでした。我々はその会場には冷やかしただけで展示会場に早速視察開始した。出展社は550を超え、昨年よりも参加者も多く活気がありました。
 50年間ずっと出展している会社が14社ある一方で80社の初参加企業があり、昨年12月からの参加表明が多くあり、景気は悪いにもかかわらず出展への興味が出て来ているようで事務局を喜ばせていた。展示会場の一角にこれら新規展示者のパビリオンに35社が選ばれていた。ラスベガスでのWOCとは雰囲気は異なるし、また、全くはじめて見る展示会社も多くあり参考にもなった。
 会場で旧知のレンタルマガジンの編集者であるウエイン・ウォーリーや発行人ケン・ヒューズ氏とも会い挨拶。また事務局長CEOであるクリスチーナ・ウエアーマンさんとは、展示会場中央にある事務局のブースを表敬訪問して写真に一緒におさまっていただきました。協会として広報活動にもアイデアを出し運営し、今年はツイッターなどのIT媒体も利用して情報発信を多角的に行っている。
 なお来年は、2月27日から3月2日の日程でラスベガスでの開催を予定している。

クリックで写真拡大 クリックで写真拡大 クリックで写真拡大 クリックで写真拡大 クリックで写真拡大
水上バスにて 幽玄な雰囲気 使い勝手は? どこまで切れるの? 回収カプセル
クリックで写真拡大 クリックで写真拡大 クリックで写真拡大 クリックで写真拡大 クリックで写真拡大
軽いかな? 今回の参加者です これは何? ミーティング会場 グレコのブース
クリックで写真拡大 クリックで写真拡大 クリックで写真拡大 クリックで写真拡大 クリックで写真拡大
ブラストタンク CEOクリス氏を訪問 ダイアモンド社 すごい!カッターの刃 研磨機械
クリックで写真拡大 クリックで写真拡大 クリックで写真拡大 クリックで写真拡大 クリックで写真拡大
デモの様子です 用途は? コンクリートの均し 世界のエアーマン 説明は任せて

▲写真をクリックすると大きな画像が表示されます。

戻る

▲ このページのTOPへ