戻る

地震災害対策訓練(図上訓練)に参加

 1月17日、大阪府危機管理室との連携の下、平成22年度大阪府・大阪市・堺市地震災害対策訓練の図上訓練に参加した。
 訓練への参加は、「災害時の被災者救助等のための資機材の調達に関する」大阪府と当組合が締結した「協定」にともなうもので、参加は今回が初めて。

 訓練は、防災協定締結先との「物資調達図上訓練」で、連絡収受を通じて、災害時の物資調達等を実施する際に、必要な対応や問題点を検証するというもの。1月17日午前9時に東南海・南海地震(M8.4)が発災。

 訓練は発災後、1日半経過を想定して、午後1時30分から午後5時までの予定で行なわれた。この間、午後1時30分過ぎに大阪府から物資要請のFAXが組合事務局に送付され、組合から要請に対応した物資供給等の回答書を大阪府にFAXで送付した。大阪府からの物資供給要請は、仮設トイレで、これの数量、搬入希望日、搬入希望場所を記載。そして組合からの回答書には、対応の可否、対応数量、搬入可能日、搬入可能場所等を記載し、回答した。
 このうち、搬入ルート(地図、住所、現場担当者名)の連絡・確認、通行証の確認についても検討した。

大阪府危機管理室との連絡調整をする 姫野理事長、永田総務委員長、執行部、総務委員会メンバー

戻る

▲ このページのTOPへ