戻る

経営者研修会 報告~観光組報告
平成28年10月27日
企画委員長 長井 隆彦

 2日目は昨年と同じく観光組とゴルフ組にわかれました。
 観光組は14名で最初の見学先は宿泊先の鷲羽山の近くのBetty Smithのジーンズミュージアムです。

Betty mith 外観

室内風景(この後姿は・・・)
 ここ児島は国産ジーンズ発祥の地でBetty Smithは国内初のレディースジンーズのメーカーとして1962年にこの地で誕生しました。観光組の多くの方がファクトリーアウトレットでの買い物を楽しんでおりました。
 次の見学先は、高梁市の吹屋ふるさと村です。ここではまずこの地の庄屋であった広兼邸を訪れました。広兼邸は個人の所有としては日本で最も大きい石垣を築いており、映画の八墓村のロケを二度行われたそうです。また吹屋には、807年に発見された鉱山(笹敏坑道)があり長い間銅と弁柄の里として繁栄してきました。

広兼邸前にて

高梁市通り
 明治の最盛期には、人口6,000人を超えていたとのことですが、現在は100人程度、ガイドさんの話では平均年齢が70才以上でいわゆる限界集落となりつつあるようです。最後は吹屋の町並みを散策し、タイムスリップをした感覚になりました。

吹屋銅山へ

狭い坑内安衛法は大丈夫ですか
 この後、後楽園の見学も予定していたのですが、皆さんはこの吹屋ふるさと村を気に入りここで十分に時間を取り最後の見学先になりました。その後はJR岡山駅でゴルフ組と合流し、新幹線で帰路につきました。2日間とも好天に恵まれ大変充実した経営者研修会となりました。
 御参加頂いた皆様どうもお疲れさまでした。

戻る

▲ このページのTOPへ