戻る

独占禁止法勉強会について
流通副委員長 渡邊建三

 当組合(北野一雄理事長)の流通委員会(姫野康通委員長)と軽仮設リース業協会関西支部(渡邊建三支部長)の共同開催で次の通り開催された。

日 時 2006年8月2日13時から15時(講演1時間30分 質問30分)
場 所 ホテルアウィーナ大阪(大阪市天王寺区石ヶ辻町19−12)
講 師 神野智史氏(じんのともふみ)  
財団法人 公正取引協会客員研究員
内 容 リース、レンタル業における独占禁止法遵守の公正取引について
資 料 独占禁止法のあらまし(改正独占禁止法ガイド 財団法人公正取引協会編)
事業団体の活動に関する主要相談事例(公正取引委員会事務総局)
参加人数  当組合24社25人 軽仮設リース業協会関西支部16社29人  計40社54人

 司会の姫野委長から開会の宣言があり引き続き北野理事長から開会の挨拶が行われた。
 神野講師から配布資料にもとづき独占禁止法の説明が1時間30分にわたり行われ、引き続き30分超の質疑応答が神野講師と参加者で行われた。3時過ぎに軽仮設リース業協会の渡邊支部長より閉会のあいさつがあり散会した。

講師 神野智史氏
 コンプライアンス(法令遵守)が叫ばれている中で、法令を理解する事は遵守の大前提であるとの認識で当勉強会を開催した。参加者の多くがはじめて本格的な独禁法の解説を聞き資料を理解したと思われるので当勉強会の目的は達成された。
 今後は法令遵守を前提にいかにビジネスを展開するか考慮する必要がある。

質問も活発に行われました

軽仮設リース業協会 関西支部
渡邊支部長 閉会の挨拶

戻る

▲ このページのTOPへ