戻る

レンタル付属料金についての勉強会を開催
平成23年9月15日
レンタル情報より

 流通委員会と流通WGは合同でレンタル付属料金についての勉強会を8月11日に開催しました。

 補償料、基本管理料、各種点検料など、レンタル付属料金について現在導入して実績をあげている組合員の会員企業(今回は3社)の方に、自社の実施状況等を説明していただきました。当日は組合員各社より44名が参加し、受講致しました。

左より 出田流通WG会長姫野理事長講師の皆様中西流通委員長
[概要]
  1. 補償料とは
    動産保険のようなもので、レンタル機械が盗難にあった場合等に適用される。
  2. 基本管理料とは
    レンタル機械や機材を管理ヤードより、出荷する際の作業手間賃のようなもの。
  3. 月次点検料とは
    ユーザーへ出荷中のレンタル機械において、日常点検、月例点検は法令により事業者(ユーザー)が行なう事となっている。
  4. 泥落とし料とは
    油圧ショベル、ダンプカー他のレンタル機械が返却された際、泥等を清掃する費用。
[実施企業の参考資料]
  1. 基本管理料の(3月〜5月)の実績はレンタル売上(回送費除)×平均2.54%。
  2. 補償料の昨年実績はレンタル売上(回送費除)×平均11.3%。
  3. 補償料と基本管理料を併せ、レンタル売上に10%プラスとなっている。
  4. 月次点検料は有料となり、料金は機械により差がある。(無料はお断りしている)
 講師役をお願いしました皆様には貴重な資料を提出して頂き、ありがとうございました。紙面を借りまして深く御礼申し上げます。

受講風景〜44名が参加

戻る

▲ このページのTOPへ