戻る

平成17年度 新年会開催


12日午後4時から大阪市北区のリーガロイヤルホテルで新年会を開催した。
午後4時からは「夫婦同伴文化か夫婦別々文化か」をテーマに新春講演会(講師 立命館大学産業社会学部教授 木津川 計氏)を併催。午後6時から開催した新年懇親会には、 組合員・賛助会員各社等から約140名が出席した。長井理事(建機サービス(株)社長)の司会進行により、冒頭、北野理事長が「木津川先生の夫婦同伴文化か夫婦別々文化かのご講演に感銘した。 また、顧問の中山太郎先生(衆議院議員)にはご多用中にもかかわらず本日開いた理事会にご出席いただき、政治・経済全般にわたり貴重なお話をいただいた。


北野理事長

私共業界は、今年も多難な道筋が予想されるが、笑顔で共存共栄を図り、皆さんと一緒に一社なりとも淘汰されないように、組合運営に注力していきたい」とあいさつ。引き続き賛助部会長の鈴木斎氏(ユアサ商事(株))、 来賓を代表して、国土交通省近畿地方整備局企画部長・足立敏之氏、大阪府中小企業団体中央会労政課長・今中成吉氏がそれぞれあいさつし、 国土交通省近畿地方整備局道路部機械課長・松本克英氏の発声で乾杯した。
歓談が続く中、(社)全国建設機械器具リース業協会副会長で兵庫県建設機械リース業協同組合理事長の 末田芳晴氏があいさつし「われわれ業界は1兆円産業であり、もっと自信をもって経営に取り組んでほしい。ユーザーのニーズに対応した設備投資も重要であり、 これをしなければ企業は衰退していく」と強調。この後、菅原副理事長の中締めで散会した。

賛助部会長
鈴木 斎氏

 

菅原副理事長

戻る

▲ このページのTOPへ