戻る

平成23年度 「新年会」を開催
平成23年2月12日

 1月14日午後6時から大阪市北区のリーガロイヤルホテルで「新年会」を開催した。新年会には、組合員、賛助会員など、これまで最多の158名が出席。
 長井隆彦会計理事の司会進行により、冒頭、姫野理事長が「厳しい状況の中で、2つの会社の良い事例と悪い事例を紹介し、参考にしていただきたい」としたうえで、「良い事例として、ある家電販売会社(東京)は、顧客は値引きをしない、現金を払ってくれるところに絞り、利益をしっかり確保しながら適正なサービスをしている。サービスはとことんするが適正な利益をあげることに注力しているのが、この会社の特長。新しい年を迎え、さらに積極的に組合運営に注力したい」旨、あいさつした。

挨拶:姫野 理事長

ご挨拶:水本 賛助部会長 様
 また、来賓を代表して国土交通省近畿地方整備局施工企画課長・加藤義紀氏が「昨年12月に情報化施工のシンポジウムを開催し、300名の方々に参加していただいた。建設施工も新しい技術を使って、大きな変革期を迎えようとしている」旨、あいさつ。
 引き続き、大阪府中小企業団体中央会労働調整部長・西田泰雄氏の発声で乾杯。歓談が続く中、増岡幸男副理事長の中締めのあいさつで終了した。

ご挨拶:近畿地整 加藤 課長 様

ご挨拶:中央会 西田 部長 様

戻る

▲ このページのTOPへ