戻る

創立60周年記念式典を開催
平成29年5月27日


 大阪建設機械リース協同組合(理事長 姫野康通氏)は5月12日午後4時30分から大阪市北区の帝国ホテル大阪で、「創立60周年記念式典・祝賀会」を盛大に開催した。
 
 記念式典には、組合員、賛助会員、来賓等、145名が出席。長井隆彦副理事長の司会進行により、同副理事長の開式の言葉に続いて、本組合員物故者に黙祷。
 
 そして、姫野理事長が、当組合は今年、創立60周年をむかえることになり、本日、記念式典を開催できましたことは、本当に喜ばしい限りです。公共工事をはしめ建設投資の減少の中、無事に60周年記念式典を迎えることができましたのは、関係諸官庁、友好団体、賛助部会員皆様のおかげであり、心より厚くお礼申し上げます。これからのレンタル需要に対し、組合員相互の連携を計り、各企業の資質の向上に努め、大同団結し、次の70周年いや100周年を迎えることのできる、健全な組織として、次の世代に継承すべく、まい進してまいります」旨、式辞を述べた。

式辞・姫野理事長

御来賓の皆様
 
 来賓の紹介に引き続き、来賓を代表して、大阪府知事・松井一郎氏、大阪府危機管理室長・武井義孝氏、日本建設機械レンタル協会副会長・北野一雄氏がそれぞれ祝辞を述べた。

大阪府・大西課長様

危機管理室長・武井様
 
 松井知事(代読=大阪府商工労働部中小企業支援室商業・サービス産業課長 大西ノブエ氏)は「貴組合は、昭和32年に前身である『大阪建設機械商組合』として発足以来、全国の同業組織で最大の規模を誇る団体として、建設機械をはじめ、仮設資材や仮設ハウスのリース・レンタル、組合員企業の技術力向上のための講習会など、多彩な事業を展開され、業界全体の発展はもとより、大阪経済の発展に貢献。この記念すべき60周年を契機に、貴組合と組合員皆様の結束がより一層強固なものとなり、貴組合がますます発展されることを祈念いたします」旨、あいさつした。
 武井室長は「大阪府としては、関係団体との幅広いネットワークを構築しておられる貴組合との間で、『災害時における防災協定』を締結し、平素からの協力関係を築いていることは、誠に心強い限りです。災害対応は行政や大阪府のみで行えるものではなく、組合の皆様をはじめ、関係機関や事業者、府民の皆様の理解と協力が不可欠です。引き続き、府域の防災力の向上にご理解、ご協力をお願い致します」旨、あいさつ。

関西支部・北野支部長様

表彰を受ける姫野理事長
 
 北野副会長は「本日は、大阪建設機械リース協同組合創立60周年記念式典誠におめでとうございます。リース・レンタルの発祥の地である大阪市浪速区、この大阪建設機械リース協同組合が60周年の歴史を紡いで、私共の日本建設機械レンタル協会関西支部と共に、業界のさらなる発展と社会貢献のできる組合、協会、支部として、共存共栄のできることを願っています」旨、あいさつした。
 このあと、表彰式が行われ、大阪府知事表彰3名、大阪府中小企業団体中央会会長表彰2名、同感謝状12名、理事長感謝状10名(うち、功労賛助会員4社)、理事長表彰(永年勤務および優秀従業員表彰)52名が表彰された。

永年勤続表彰代表・有泉様

功労賛助会員代表・ユアサ商事(株)様
 
 永田剛志副理事長の閉式の言葉で式典終了。引き続き別室で祝賀会を併催(司会進行・服部良好副理事長)し、賛助部会を代表してユアサ商事関西建機部長・末廣賢一郎氏の開宴の言葉のあと、大阪府中小企業団体中央会専務理事・西田正治氏の発声で乾杯し、組合の60周年を祝った。

ご挨拶・末廣部会長様

乾杯・西田専務理事様

近畿支部・ご代表様

会場風景
 
 和やかな歓談が続く中、東尾雅史理事のお開きの言葉で終了した。

戻る

▲ このページのTOPへ