HOME > 組合創立50周年(総目次) > アメリカレンタル業協会関連 > アメリカレンタル業協会との交流会
アメリカレンタル業協会との交流会

菅原 進 副理事長
大阪建設機械リース協同組合の50周年記念式典と祝賀会にアメリカレンタル業協会(ARA)が式典にARAの本部イリノイ州ウオリーリンから式典に出席されました。広報事業部門責任者で今回のARA代表者ケン・ヒューズ氏とメーカー理事代表者ロジャー・ユーリス氏 レンタルマネージメント誌編集者ウイン・ウオリー氏の3名が来日されました。今回は大阪建設機械リース協同組合(OKKLA)の式典の出席とレンタルマネージメント誌のOKKLAの特集を掲載する目的で来日されました。ARAは全世界に会員を有し賛助会員を含めると6,000社に及びアメリカだけにとどまらずアジアとヨーロッパにも国際的な組織運営をしておられます。ARAの事務専従者だけでも50名おられ組織活動を行っております。今回の大阪滞在は5日間ではありますが滞在の報告をさせて頂きます。

10月24日(水)にARAの方々が来阪され式典準備委員会のメンバーで出迎えました。夕方に翌日からの日程予定表をお渡ししOKKLAの概略説明を行いました。翌25日(木)は8時30分に帝国ホテルを出発してOKKLAのメンバーの会社を3社取材視察訪問をしました。始めに西尾レントオール(株)の本社に伺いました。本社では西尾社長が応対してくだされて予定時間を超える程の熱心な会社説明を受けました。その後関西営業部の山田部長が同行してくだされて此花区にある高所センター営業所を見学し車両系のレンタル商品を見学させて頂きました。特に整備管理状態等の説明を受けました。その後(株)日商機械に伺いました。(株)日商機械の取り扱い商品群の多さに大変驚きの声を上げられました。軽建設機械からレジャー商品等多岐に渡る取り扱い会社はARAの会員には無いとの事でした。昼食後は一路(株)鶴見製作所京都工場に向かいました。京都工場では中西工場長以下多くの社員の方々の出迎えを受けました。京都工場では製作ラインの見学と(株)鶴見製作所の沿革及び商品の展示を拝見させて頂きました。夕方に帝国ホテルに戻りその後はARAとの歓迎夕食会を行いました。宴席には北野理事長が出席されてARAの方々に挨拶され友好を深めると共に式典、祝賀会への出席のお礼を述べられました。26日(金)の午後は創立50周年記念式典と祝賀会に出席され祝賀会にはヒューズ氏が素晴らしい祝辞スピーチを行い出席者からは多くの拍手を頂きました。特に50年もの長い歴史を刻んでいるOKKLAに敬意を表されました。

OKKLA概略説明と社訪問の様子>> 記念写真 -1-

記念式典祝賀会の様子>> 記念写真 -2-

そして来年の2月9日からのARA主催のラスベガスでのレンタルショーに是非来てくださいとのメッセージがありました。ARAが作ったOKKLAへの50周年記念を掘り込んだ盾を頂ました。27日(土)の昼からは大阪市営観光バスで観光の時を持ちました。通天閣、四天王寺、大阪城に行きARAの方々にも大阪の歴史と活気ある街を案内出来たと思っております。私自身も初めての大阪観光バスツアーであり良い経験になりました。

 

大阪市内観光の様子>> 記念写真 -3-

28日(日)はユーリス氏は新幹線で東京に向かわれ新大阪駅までお見送りしました。翌日から東京で会議を持たれるとの事でした。ヒューズ氏とウオリー氏は昼から関西国際空港から帰国されました。関西国際空港では本当に充実した5日間だったと言われ我々準備委員会のメンバーもほっと致しました。今回のARA代表団の訪日を派遣を承認されたARA CEO クリスティーナ女史に感謝を申し上げると共に準備委員会の皆様並びにOKKLA理事の皆様会員の皆様賛助会員の皆様に厚く御礼申し上げます。そして通訳をして頂いた東さん宮谷さんにもお礼申しあげます。また取材見学訪問をこころ良く受け入れてくだっさた西尾レントオール(株)様、(株)日商機械様、(株)鶴見製作所様にも感謝申し上げます。

今後はこの友好の機会を活かしOKKLAとARAの交流が更に深まって行き、お互いの組織としての良い関係が築かれ将来のOKKLAの繁栄と発展に寄与できれば幸いと考えております。北野理事長のARAへのフレンドリーな姿勢はARA代表のヒューズ氏にも充分に伝わりました。
 

戻る

▲ このページのTOPへ